VRAM

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

ぶいらむ 【VRAM】 Video Random Access Memory

ディスプレー表示する画像データを一時的に蓄積するメモリーで、ビデオカードなどに搭載されている。表示される画面の解像度と色数は、VRAMの容量によって決定される。画面の解像度と色数に応じたVRAMの容量は次ので求められる。「VRAMの容量=1画面のドット数×1ドット当たりに必要なビット数」。たとえば横1024ドット、縦768ドットの解像度を24ビットカラーで表示したい場合、「1024×768×24=1887万4368ビット=235万9296バイト=約2.4MB」が必要なVRAMの容量となる。最近のビデオカードでは3Dのデータを処理するため、式で算出される以上の容量のVRAMを搭載している。また、ビデオカードを搭載しないパソコンでは、メインメモリーの一部をVRAMとして使用することが多い。

関連項目