Labカラー

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

らぶからー 【Labカラー】

色情報を数値化するカラーモデルのひとつ。1931年に色規格の国際機関CIE(Commission International d'Eclairage)によって開発された。黒から白(明度=Lightness)と緑から赤の範囲要素(a)、青から黄の範囲の要素(b)の2つの色彩要素とによって構成されている。色域が広く、システム間での色調のずれが少ないのが特徴。Adobe Photoshopのカラーモード変換時や、フォトCDなどで利用されるなど、高度なフォトレタッチのカラーモデルとして使用されている。