KJ法

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

けーじぇーほう 【KJ法】 Kawakita Jiro method

収集した多量の情報を効率よく整理するための手法。考案者の川喜田二郎氏の頭文字から命名された。KJ法は、収集した情報をカード化し、同じ系統のものでグループ化することで情報の整理と分析を行う。ブレーンストーミングによって収集した情報を、KJ法を用いて整理することが多い。

関連項目