6x86L

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

ろくえっくすはちろくえる 【6x86L】 6x86L

0.44μプロセスルールで製造されていた6x86をもとに、ルールを0.35μに下げ、Pentium Processor with MMX Technologyなどと同様にコア電源I/O電源を分離したデュアルボルテージ構造にしたプロセッサー。6x86に比べて消費電力が下がり、また発熱量も少なくなったのが特長。機能的には、まったく差はない。コア電源電圧は3.3Vまたは2.8Vである。