銀行代理仲介業

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

ぎんこうだいりちゅうかいぎょう 【銀行代理仲介業】

銀行法上の許可を受けた法人または個人が、銀行の代理店として銀行業務の一部を代行すること。具体的には、預金契約の代理や資金の貸付などの契約の代理、為替取引の代理などを行なう。銀行のサービスの多様化を目指して導入された制度であるが、様々な規制が設けられ、代理店はほとんど普及していなかった。そのため2006年の銀行法改正によって、いくつかの変更が行なわれた。一つは、代理業を行なえる法人は銀行の100%子会社でなければならない、という規制の撤廃。もう一つは、代理店は銀行の代理業務の専業でなければならない、という規制の撤廃である。今回の規制緩和によって異業種による代理店への参入、代理店の増加が期待されている。