金融検査マニュアル

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きんゆうけんさまにゅある 【金融検査マニュアル】

金融庁が1999年に決定した、金融機関を検査する際の手引書。正式名称は「預金等受入金融機関に係わる検査マニュアル」。当初は銀行のみを対象としていたが、その後、信用金庫など他の預金取り扱い金融機関や保険会社、証券会社向けのマニュアルも作られるようになった。マニュアルでは金融機関に対して厳格な資産査定を促すとともに、金融機関ごとにまちまちであった自己査定の基準を一本化した。検査項目には、リスク管理に対する意識の向上、企業倫理に対する自覚の促進を盛り込んでいる。さらに2002年には中小企業に特化した「中小企業金融検査マニュアル」が作成された。