金融持株会社

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きんゆうもちかぶがいしゃ 【金融持株会社】

銀行、証券会社、保険会社など異なる業態の株式を保有する持株会社。統合・再編が進む金融コングロマリットの統括会社にあたる。1998年12月の独占禁止法改正、金融持株会社関連法の成立などで可能になった組織形態。従来、金融機関が他業態に進出するには、業態別に子会社を設立し、親子関係にならざるを得なかったが、金融持株会社を設立することで、傘下企業は兄弟関係になり、経営の効率化につながる。また、1つの企業の経営が悪化しても、傘下企業に影響が及びにくく、利益相反を防止し、利用者保護にも効果があると言われる。

関連項目