金外信託

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きんがいしんたく 【金外信託】

信託会社や信託銀行に一定期間(信託期間)、財産の運用を委託し、信託期間終了時に、受託者(信託会社や信託銀行)が委託者(顧客)に対して、信託財産を現金や証券などそのままの形で償還するもの。「ファンドトラスト」ともいう。最低預け入れ金額が1億円以上の高額商品で、バブル期には残高が大きく伸びたが、その後の景気低迷もあり、含み損を抱えることとなった。おもに機関投資家が顧客となり、預かった資金でファンドの判断株式や債権を購入・運用する。

関連項目