逆日歩

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

ぎゃくひぶ 【逆日歩】

株式信用取引で空売りする人が増えると、貸し出す株が足りなくなってしまう。その場合、不足分については機関投資家などから有料(品貸料)で借入れ、需給関係を調整する。その際、空売りしている人が負担する品貸料を逆日歩と言う。不足株式を貸し出した側に支払われ、利益となる。