記録モード

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きろくもーど 【記録モード】

デジカメで撮影した画像解像度が高いほど、ファイルサイズは大きくなる。100万画素以上のデジタルカメラでは、最も高画質のモードで撮影すると、4MBの容量を持った記録メディアでは数枚しか保存できない。しかし必ずしも高解像度の画像が必要なわけではない。ウェブページアップロードするのに大きな画像は読み込みに時間がかかるため、適していない。モニタで表示させるためだけなら、それほど高い解像度は必要ない。そんなときには記録モードを下げて撮影すれば保存できる枚数も増え、ファイルも扱いやすくなる。記録モードはだいたいの機種で、ファイン、ノーマル、エコノミーがあり、さらに記録解像度を落として撮影できる機種もある。しかし記録した画像をキレイに印刷したいのであれば、どうしても高画素数、高解像度のモードで記録する必要がある。画像の用途によって、記録モードを変えるのがデジカメの賢い使い方。