記憶色

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きおく色 【記憶色】

人が「もの」について標準的に思い浮かぶ色のこと。たとえば、「空=青」「雲=白」というように実際の色よりも色味が強調される。