経営成熟度

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

けいえいせいじゅくど 【経営成熟度】

経営戦略や社内ルールがどれだけ徹底・実行されているかという経営の品質を計る尺度。経営品質を高めるにはPDCAサイクルによるマネージメントが有効といわれる。一般に成熟度は「レベル0(存在しない)」「レベル1(初歩的)」「レベル2(繰り返し可能)」「レベル3(定義されている)」「レベル4(管理されている)」「レベル5(最適化)」という6段階で定義される。経営戦略を策定する際は、売上などの実利的な目標だけでなく、経営成熟度の向上に取り組むことが重要とされる。

関連項目