約定金利

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

やくじょうきんり 【約定金利】

当事者の契約によって定められる利率(金利)のこと。ただし、無制限に利率を設定できるわけではなく、出資法(上限金利は年利率29.2%)、利率制限法(上限金利は年利率15~20%)の制限の中に限られる。利率の約定がない場合は法定利率(民法では年5%、商法では年6%)が適用される。