競業避止義務

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きょうぎょうひしぎむ 【競業避止義務】

取締役に課せられた競業禁止義務のこと。取締役の競業行為は会社法365条により禁止されており、自己または第三者のために競業関係にある会社に就職したり、競業関係にある事業を行なうことはできない。取締役会の承認を得ずに、このような競業行為がなされた場合、取締役会はその取引を会社のために行なわれたものとみなせる。