禁則処理

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きんそくしょり 【禁則処理】 Japanese Hyphenation

禁則とは、句読点(、。)や閉じカッコ、疑問符などの記号を行頭に置かないといった、文章を見やすく、読みやすくするためのルールのこと。このルールに従って、文章の長さや字間、文字送りなどを調整することを禁則処理という。ワープロ・ソフトやページレイアウト・ソフトでは、自動的に処理が行われる。行頭の句読点などを前のの末尾に送ることを「追い込み」という。この際、句読点を行末にはみ出させて処理するのが「ぶら下がり」。また、行末の起こしのカッコ「(」などを次の行へ送ることを「追い出し」という。欧文組版では、行末の単語をハイフンで分割するハイフネーションもこうした禁則処理に含まれる。