擬似マルチタスク

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

ぎじまるちたすく 【擬似マルチタスク】 non-preemptive multitasking

複数のタスクを同時に処理しているように見せる方法のこと。ノンプリエンプティブマルチタスクとも呼ぶ。プリエンプティブマルチタスクでは処理の制御をOSが管理するため、効率のよいタスク処理が行える。対して、擬似マルチタスクでは処理の制御の管理がアプリケーション側にあるため、タスクが処理を独占すると、他のタスクの処理が停止してしまうことがある。Windows 3.1Mac OS 9擬似マルチタスクで動作する。

関連項目