協調介入

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きょうちょうかいにゅう 【協調介入】

為替相場の乱高下を抑えたり、一方向への暴走を抑えたりするために、2国以上の通貨当局が同じ目的で、それぞれの市場で足並みを揃えて市場介入を行うこと。1国が単独で市場介入を行う単独介入よりも影響力が大きい。例えばき過ぎた円高・ドル安は、日本の自動車などの輸出産業に大きなダメージを与えることから、日本の日本銀行や財務省は、市場でドルを買うことでドルの下落を抑える。協調介入は、これらの市場介入を各国が連携を取りながら行う。