共有レベルのセキュリティー

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きょうゆうれべるのせきゅりてぃ 【共有レベルのセキュリティー】 share-level security

Windows 95におけるセキュリティー機能の1つ。

Windows 95には、Windowsネットワーククライアント(Windows NTやWindows 95、MS-DOSなど)に対して資源を公開するサーバー機能があるが、この際に設定するセキュリティー機能には、「共有レベルのセキュリティー」と「ユーザーレベルのセキュリティー」の2種類がある。このうち「共有レベルのセキュリティー」では、ネットワークに公開する資源ごとにパスワード文字列を設定し、正しいパスワードを入力したユーザーだけが資源を利用できるようにする。

Windows 95で公開する共有ディレクトリでは、読み出しのみ(リードオンリー)、フルアクセス(変更や削除も可能)のそれぞれに別のパスワードを設定し、入力されたパスワードにより、このいずれかのアクセス権を切り替えるということもできる。