偽計取引

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

ぎけいとりひき 【偽計取引】

自分または自社に有利な状況を作り出すため、虚偽の情報や事実に基づかない情報で他人を欺き、株式相場の変動を目論む手段。一方、市場に対してウソの情報や根拠のない噂を流すことを「風説の流布」と言う。いずれも証券取引法158条で「暴行」「脅迫」とともに禁じられており、違反すれば懲役5年以下または罰金500万円以下、法人の場合は罰金5億円以下の罰則が科せられる。