休止状態

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きゅうしじょうたい 【休止状態】

コンピューターの動作を一時的に止める機能の総称。休止状態パソコンを終了すると、休止状態に入る直前のメモリー内の情報をハードディスク保存してから電源が切れる。次の起動時に、ハードディスクから情報が読み出され休止前の状態が再現される。この機能をハイバネーションともいう。同様の機能にスタンバイ機能があるが、こちらはグラフィック機能やハードディスクなどの電源をオフにして消費電力を抑えるもので、パソコン本体の電源は入った状態である。

関連項目