中間コード

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

ちゅうかんこーど 【中間コード】 intermediate code

プログラムにおいて、ソースコードから最終的にコンピューター実行する形式に変換する過程で、一時的に作成されるコードのこと。人間に理解可能な形式のソースコードをコンピューターが実行するためには、文法チェックや構文解析などの処理が必要である。中間コードは、文法チェックや構文解析などが処理済みで、ソースコードよりはコンピューターが直接実行できる形式に近いコードのことを指す。たとえばJavaでは、ソースコードをバイトコードと呼ばれる中間コードに変換し、クライアントJava VM(Virtual Machine)でこれを実行する。