トロイの木馬

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

とろいのもくば 【トロイの木馬】 Trojan horse

OSアプリケーションセキュリティ上の欠陥やバグを突き、一定期間潜伏してから発症するウイルス。善意または無害のプログラムを装ってターゲットPCに忍び込み、特定のタイミングでPC内のデータを外部に送信したり、侵入のための裏口を開けたりするプログラムのこと。感染して広まるのではなく、ウイルス自体が有用なソフトウェアであることを装って配布されることが多く、入手したユーザー起動すると感染を始めたり、システムソフトウェアに改変を加えたりする。ギリシャ神話のトロイ戦争で、兵士の入った巨大な木馬を城に入れさせ、内側から城を攻撃したという逸話に似ている手口であることからこの名前がついた。トロイの木馬にはいくつか種類があり、キーボードのタイピングをチェックしてパスワードやクレジットカード番号などを盗み取る「キーロガー」がもっとも有名。ほかに、ホストに忍び込ませたトロイの木馬が内側からセキュリティホールを開けて外部から不正な操作ができるようにする「バックドア」や、トロイの木馬を金融システム埋め込み、利息計算等で生じた小数点以下の端数のお金を自分の口座へ振り込ませるような「サラミ攻撃」などがある。

関連項目