ギガビットEthernet

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

ぎがびっといーさーねっと 【ギガビットEthernet】 Gigabit Ethernet

1秒間に1ギガビットの帯域幅を実現する高速なEthernet規格。10BASE-Tの100倍、100BASE-TXの10倍の伝送速度で「1000BASE(センベース)」と呼ばれる。既存のEthernetと互換性を持つことから、これまで広く普及したEthernetの資産や運用ノウハウを活かした上でネットワークを強化できる。ギガビットEthernetの規格である「IEEE802.3x」と「IEEE802.3ab」は既存のEthernet規格であるIEEE802.3を補完する形で策定されており、符号化伝送媒体の違いにより、大きく4つの規格に分かれている。1000BASE-SXと1000BASE-LXは伝送媒体に光ファイバーを用いる。SXのほうが波長の短い850ナノメートルのレーザーを使い、マルチモード光ファイバーMMX)と呼ばれるケーブルを用いる。LXは1330ナノメートルのレーザーを用いる長距離伝送用規格で、シングルモード光ファイバーSMF)を用いる。また、1000BASE-CXは同軸ケーブルを用いる規格になる。1000BASE-Tでは、100BASE-Tと同じカテゴリー5以上のUTPケーブルが使われ、現在もっとも普及している規格となっている。