キャッシュメモリー

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きゃっしゅめもりー 【キャッシュメモリー】 Cache Memory

CPUメインメモリーデータのやり取りを高速化するために、CPU内部に設置されたメモリー。通常は小容量のSRAMで構成されており、メインメモリーよりもデータを高速に処理できるので、データの一時保管場所として使われる。CPUの処理性能が高速化したことなどから、複数のキャッシュメモリーを搭載しているものもある。この場合、CPUに近いものからL1キャッシュL2キャッシュと呼ばれる。