キャッシュフロー経営

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典
Jump to navigationJump to search

きゃっしゅふろーけいえい 【キャッシュフロー経営】

「現金収支」を意味する「キャッシュフロー」の拡大を目指す経営。キャッシュフローは、損益計算書中の当期利益と原価償却費の和であり、キャッシュフローがプラスであれば、企業は現金を順調に増やしていることになる。キャッシュフローがプラスに大きいほど、銀行などの外部融資に頼る必要が少なくなり、経営の安定度が増す。バブル崩壊以降、銀行の融資が厳しくなっていることもあり、キャッシュフロー経営が各企業で重視されるようになった。その流れを受けて、2000年から従来の財務諸表に加えて、企業の資金状況を示すキャッシュフロー計算書が決算で開示されるようになった。

関連項目