curses

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

かーしす 【curses】 curses

UNIXにおいて、ベースではなく、画面ベースのキャラクタ対話型アプリケーションを、作成するためのライブラリー。UNIXの標準的な対話環境では、行単位の入出力しかサポートしていないが、エスケープシーケンスを駆使することで、カーソル移動や画面の任意の位置にテキスト表示できるようになる(つまり、スクリーンエディタなどを作成できる)。cursesはこれを支援するライブラリーで、端末データベースを利用することで、さまざまな仕様の端末で、単一の対話型アプリケーションを実行できる。UNIXのvi、lessなど、さまざまなコマンドcursesを利用している。

最初のcursesは、初期のviエディタの画面操作コードをライブラリー化したもので、端末データベースにはtermcapを使っていた。現在のcurses(または互換ライブラリー)では、termcapに代わってterminfoデータベースを参照するようになっている。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z