YELLOWブック

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

いえろーぶっく 【YELLOWブック】 YELLOW book

REDブックベースとして、音声データだけでなく、文字画像など、コンピューターで一般に使用するデジタルデータをCDに記録するための規格。YELLOWブックは別名を「CD-ROM Standard」とも呼ばれる。規格が提唱されたのは1983年10月。 一般にCD-ROMといった場合は、このYELLOWブック規約を指す。「CD-ROMドライブ」と呼ばれるためには、このYELLOWブック規約のセクタ構造を正しく読めなければならない。 YELLOWブックでは、REDブックフォーマットからさらにエラー検出/エラー訂正を強化し、訂正不能エラーが発生する確率を音楽CDのおよそ1000倍に高めている。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z