X Window System

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

えっくすうぃんどうしすてむ 【X Window System】

1984年に米マサチューセッツ工科大学で開発された、UNIX上で動作するウィンドウシステム。ほとんどのUNIX環境に搭載されている。画面への表示や情報の入力などはクライアント、それらの要求をサーバーが処理するという分散処理が採用されている。X Window Systemユーザーインターフェースを意図的に規定しておらず、GUIを定義するウィンドウマネージャーを差し替えることで、外観と操作感を変更できる。Linuxでよく使われるGNOMEKDEといったデスクトップ環境は、X Window Systemベースに、ウィンドウマネージャー、ファイルマネージャーデスクトップを使いやすくするツール類をまとめて提供するものである。X Window Systemは現在、X.Org Foundationが開発を監督しており、最新版は2008年にリリースされたX11R7.4である。「X」または「X11(エックス・イレブン)」と呼ばれることもある。


関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z