XMS

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

えっくすえむえす 【XMS】 eXtended Memory Specification

Lotus社インテルマイクロソフトなどによって1988年に策定された、MS-DOSで640KB以上のメモリー領域を管理、利用するための仕様のこと。80286以上のCPUを搭載したPC/AT互換機上で動作する。コンベンショナルメモリー以上のメモリー領域を、EMBHMAUMAの3つに分けることで効率のよいメモリー管理が行える仕組みになっている。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z