Wave Tableシンセサイザー

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

うぇーぶてーぶるしんせさいざー 【Wave Tableシンセサイザー】

ROMファイルにデジタイズした音データを収め、それをDA変換して再生する仕組みの発音装置。自然音や楽器音などをそのまま音データとして用いることが可能なため、比較的高品質なサウンドが得やすい。 DSPと組み合わせることで音データを加工したり、またユーザーが作成した音データをシンセサイザのワークRAMダウンロードすることで、オリジナルの音を作り出すことができる。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z