WWW拡張言語

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

だぶりゅーだぶりゅーだぶりゅーかくちょうげんご 【WWW拡張言語】 WWW Scripting Language

WWWサーバーからWWWクライアントに対してプログラムコードを送り、これをクライアント側で実行できるようにした言語処理系。

WWWでは、キーボードマウスでの操作などクライアント側での操作を逐一サーバーに通知し、次の処理をサーバー側で行なってもらう(次にブラウザー表示する画面をサーバーに作成してもらう)というインタラクティブな操作が基本である。しかしこの方法では、通信回線バンド幅が小さいとレスポンスが悪く、またいちいちサーバーの処理を伴うので、サーバーへの負荷が大きくなりやすいという欠点がある。こうした問題点を解決し、かつWWWに新しい可能性を持たせる技術として、サーバーからプログラムをクライアントに送り、クライアント側でこれを実行する拡張言語が考案された。代表的な拡張言語としては、SunのJavaMicrosoftVisual Basic ScriptNetscapeのJava Scriptなどがある。

これらがサポートされる環境では、サーバーからJava(C++ベースの言語体系を持つ)やVB Scriptのプログラムコードを受け取り、これをクライアント側で実行できる。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z