WLL

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

だぶりゅーえるえる 【WLL】 Wireless Local Loop

無線通信技術を使った加入者線。FWA(Fixed Wireless Access)とも呼ばれる。電話局からユーザー宅までの回線(Local Loop)では、通常、銅ケーブルが利用されるが、敷設や管理にコストがかかってしまう。このため中継局などをユーザー宅の近隣に設置し、無線で通信を行なうのがWLLである。

以前のWLLは遠隔地や過疎地といったケーブル敷設のコストがかかるところに利用されるケースが多かったが、機器が安価になってきたこともあり、都市部での利用も検討されている。また、インターネット常時接続インフラとしての注目度は高く、2.4GHz無線LAN技術を利用した実験は各地で行なわれている。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z