WEP

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

うぇっぷ 【WEP】 Wired Equivalent Privacy

Wired Equivalent Privacy(有線と同等なプライバシー)の略で、IEEE802.11で規定されている無線LANの暗号化方式。実際の暗号化は、1バイト単位でデータを暗号化するブロック暗号アルゴリズムの一種である「RC4(Rivest Cipher 4)」を使う。WEPでは、40ビットまたは104ビットの長さの共通鍵を使って暗号化する。暗号化と復号に使う鍵を第三者に知られないように交換する必要があるため、アクセスポイントクライアントに事前に共通鍵を設定しておくことになっている。ただし、それだけでは毎回同じ鍵を使うことになってしまうため、24ビットのIV(Initialization Vector初期化ベクター)を付加して64ビットまたは128ビットの暗号鍵を生成し、パケットごとに見かけ上異なる暗号鍵が使われるようにしている。現在、WEP解読するツールが出回っており、無線LANではWPAまたはWPA2の使用が推奨されている。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z