STPマーケティング

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

えすてぃぴぃまーけてぃんぐ 【STPマーケティング】 STP marketing

米国の経営学者フィリップ・コトラーが提唱したマーケティング戦略フレームワークのひとつ。マーケティング対象を市場全体ではなく絞り込むために細分化、つまり「セグメンテーション(Segmentation)」して、絞り込んだ市場から注目すべき顧客や製品などの目標を決定する「ターゲティング(Targeting)」を経て、決定した目標に対して自社が優位であることを明確にする「ポジショニング(Positioning)」によって、マーケティング戦略をたてる手法。STPは3つの要素の頭文字をとっている。STP戦略、STP理論などとも呼ばれる。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z