STM-PDS方式

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

えすてぃえむぴーでぃえすほうしき 【STM-PDS方式】 Synchronous Transfer Mode-Passive Double Star

FTTH(Fiber-to-the-home)構想における光ファイバー敷設方式の1つ。STM-PDS方式では、一部の加入者宅を幹線の光ファイバー網にカプラ経由で直接接続するものの、一部の加入者宅向けには、共用型の光端末回線装置(ONU:Optical Network Unit)を接続し、このONUと加入者宅をメタルケーブルで接続する。通信方式としては、STMで、1.3μm波長の信号を利用したピンポン伝送方式を使用する。このSTM-PDS方式では、電話、および64kbps~数Mbpsのデータ伝送サービスに対応する。波長多重の技術を利用することで、CATVなどを実現できるとされる。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z