SKK

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

えすけーけー 【SKK】 Simple Kana Kanji Convertor

1987年に、(当時)東北大学の佐藤雅彦教授によって設計、開発された日本語入力システム

SKKの大きな特徴は、その名前にも現れているように、変換アルゴリズムに「日本語文法の知識を用いない」という点にある。SKKの動作は、大ざっぱに言えば、ユーザー入力した「読み」をもとに辞書ファイルサーチし、読みに対応したエントリに並べられた漢字に「置換」するだけとなっている。このとき、ユーザーが入力した読みと漢字の対応は、かな漢字変換システムによる日本語文法解析ではなく、ユーザーが入力する「漢字の読みの開始点」と「送り仮名の開始点」の情報によって決定される。

たとえば「今日は晴れです」というは、SKKでは、

Kyou haHaRedesu

と入力する(なおSKKはローマ字入力専用である)。「今日」や「晴」の漢字の開始点と、「晴れ」の送り仮名の開始点でアルファベットの大文字を入力することで、SKKにこれらの情報を伝達している(ユーザーの意図を伝えている)。このようにSKKは、シンプルなかな漢字変換アルゴリズムと、ユーザーによる漢字変換点、送り仮名開始点の指定という入力メソッドの採用により、「ユーザーが意図した通りの文字入力をできるだけ容易に行なうこと」を目指したシステムだと言うことができる。
なお、SKKのオリジナルは、Emacs Lispによって記述されており、Emacs(とEmacs Lisp)が動くところならどこでも日本語を入力ができるというポータビリティも特徴の1つ。なお、入力文字列から該当候補をサーチする機能を受け持つサーバープログラム(これはEmacs LispではなくC言語で記述されている)も提供されている。また最近では、基本的な思想や機能はそのままに、Emacs Lispから独立した実装も試みられている。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z