SIP

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

しっぷ、えすあいぴー 【SIP】 SIP、Session Initiation Protocol

Session Initiation Protocolの略。IP電話サービスで標準となっているプロトコルインターネットとの親和性が高いほか、通信相手の状態を送信元が逐一把握できる「プレゼンス」という機能が搭載され、より高度なリアルタイム通信を実現できる。そのため、電話のみならずメッセンジャーやビデオ会議などさまざまなアプリケーションでの利用が期待されている。SIPの機能は、①相手先を指定するためのアドレスの定義、②セッションの開始・終了や、伝送方式の決定、③SIPのアドレスと実際のデータ伝送に使うIPアドレスとの名前解決、などに分けられる。通信相手の識別を行なうため端末サーバーなどに付けられるアドレスは「SIP URI」と呼ばれる。また、SIPは単に相手先とつないだり、通信を切断するというセッション管理の機能しか持っておらず、実際の音声データや映像などの伝送はRTP(Real time Transport Protocol)という別のプロトコルが受け持つ。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z