IPMI

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

あいぴーえむあい 【IPMI】 Intelligent Platform Management Interface

SNMP(Simple Network Management Protocol)やDMI(Desktop Management Interface)などのサーバー管理ソフトウェアが、特定のハードウェアシステムやOS依存することなく、サーバーハードウェアをモニタ可能にするための標準インターフェイス仕様。具体的には、このIPMIを通して、サーバーの温度や電源、ファンの状態などを監視できる。IntelDellHewlett-PackardNECによって策定され、仕様が1998年2月に発表された。

従来、サーバーのハードウェアをモニタするための標準インターフェイスなどは存在しなかったため、サーバー管理ソフトウェアは、特定のハードウェアやOSを意識して開発しなければならなかった。IPMIでは、モニタのための標準インターフェイスが提供することで、この問題を解消する。 IPMI仕様は、サーバー管理ハードウェアにアクセスするための共通インターフェイスと、メッセージベースのプロトコルを規定している。このほかIPMIでは、サーバー管理ハードウェアのための内部バス仕様であるIPMB(Intelligent Platform Management Bus)、サーバーに他のIPMIシステム接続するための外部バス仕様であるICMB(Intelligent Chassis Management Bus)を含んでいる。このうちIPMBは、障害診断カードなど、サーバー内部に追加するデバイス向けのバス仕様で、これによりたとえば、システムがダウンしている場合でも、障害診断カードがサーバーシステムの状態をモニタできるようにする。一方のICMBは、管理機能を持つ別のサーバーを接続して、サーバーをモニタできるようにする外部バスインターフェイスである。

IPMIは、SNMPやDMIなどの管理ソフトウェアの下位インターフェイスとして機能することになる。このほかの管理ソフトウェアとしては、CIM(Common Information Model)、WMI(Windows Management Interface)などがある。すでに述べたとおり、IPMIにより、ハードウェアやOSに依存しない管理ソフトウェアを開発することが可能だ。またこれとは逆に、管理ソフトウェアに影響を及ぼすことなく、サーバーハードウェアの構成を変更することも可能になる。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z