IEEE802.11a/b/g/n

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

あいとりぷるいーはちまるにいてんいちいちえー/びー/じー/えぬ 【IEEE802.11a/b/g/n】

IEEEが策定した無線LANの規格。1997年に802.11が標準化され、その後、1999年に802.11bと802.11a、2003年に802.11g、2009年に802.11nを標準化し、通信速度と機能が向上している。 IEEE802.11、同bは、2.4GHzの周波数帯を使用し、Bluetooth通信、動作中の電子レンジの干渉を受けやすい。伝送速度は最大22Mbps。IEEE802.11aは、5GHzの周波数帯を使用し、伝送速度は最大54Mbps。 IEEE802.11gは、2.4GHz帯を使用し、伝送速度は最大54Mbpsで、IEEE802.11b互換性がある。IEEE802.11nは、2.4/5GHz帯を使用し、伝送速度は最大600Mbps、IEEE802.11aおよび同gと互換性がある。IEEE802.11nで伝送速度が大きく向上したのは、複数のアンテナを使うことでデータ転送量を増やすMIMO(Multiple Input Multiple Output)を採用していることが大きな要因である。市販の無線LAN機器(アクセスポイント等)には、IEEE802.11a/b/g/nのうち、複数またはすべてに対応している製品がある。

関連項目

個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z