HTML

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

えいちてぃーえむえる 【HTML】 HyperText Markup Language

Webページの記述に使用されるマークアップ言語。ほかの文書への参照情報や文章の論理構造を、「<~>」の書式で指定するタグを使って記述する。データが存在する場所を記述することで、画像や音声、動画などをページ内に埋め込める。HTMLは当初、Webのために開発され、HTML2.0でネットニュース電子メールに対応した。その後HTML3.2であらゆるアプリケーションで使えるように機能を大幅に拡張した。ただしHTML4.0では、書式設定用のタグが増え過ぎたことへの反省から用途をふたたびWebに限定し、スタイルシートによって文書の書式情報と論理構造を分離する方向に用途を転換した。また、HTMLXMLの文法に適合させた「XHTML」も標準化されている。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z