Distance Vector方式

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

でぃすたんすべくたーほうしき 【Distance Vector方式】

動的ルーティングアルゴリズムの1つ。

Distance Vector方式では、各ルーターはまず最初に自分のネットワーク名(ネットワークアドレス)をブロードキャストする。この結果、各ルーターは自分に隣接するルーターの情報(ルーターの存在やそのルーターまでの「距離」)を得ることができる。次にこの情報をまとめてブロードキャストすると、隣接ルーターのさらに隣のルーター情報が得られる。このようにして次々とルーター情報が伝播していく。この方式はインプリメントが容易という長所がある半面、情報伝播が遅いほか、ネットワークの規模が大きくなるとさまざまな運用上の問題がでてくるという欠点がある。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z