DRAM

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

でぃーらむ 【DRAM】 Dynamic Random Access Memory

半導体を使用した記憶素子のひとつ。コンデンサーに電荷を蓄えて情報を記憶するため、電源の供給がなくなり、コンデンサーの電荷がなくなると記憶が消える。そのため、使用中は、一定時間内に電荷を更新する「リフレッシュ処理」が必要である。容量あたりの製造コストが低く、コンピューター主記憶装置として使われることが多い。


関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z