DLT

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

でぃーえるてぃ 【DLT】 DLT

DECが開発したテープドライブの名称。1本のテープカートリッジに記録できるデータ量が大きく(非圧縮時最大20Gbytes、圧縮時最大40Gbytes)、かつデータ転送速度が高い(非圧縮時1.25Mbytes/sec)ことから、特に大容量のハードディスクを搭載するサーバーシステム用のバックアップストレージとして利用されることが多い。後にDECは同社のストレージ部門をQuantumに売却したため、現在DLTはQuantumの製品となっている。

DLTは、家庭用VTRやDATドライブなどで採用されているヘリカルスキャン方式ではなく、固定式のヘッドを採用しながらテープの移動速度を高速にし、また複数チャネルを同時に読み書きできるようにすることで、転送速度を向上させている。またDLTSCSI-2のコマンドセットに完全に準拠しており、ビルトインの診断機能、2Mbytesのデータキャッシュを利用した高速なデータ圧縮機能などを特徴としている。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z