DLL

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

でぃーえるえる 【DLL】 Dynamic Link Library

複数のアプリケーションが利用する共通の機能をファイルにしたもの。アプリケーションの実行時に、必要に応じて呼び出される。このため、頻繁に利用されない機能をDLLにすると、メモリーの使用量が抑えられる。また、あとから機能を追加したり、バグが発見された場合にDLLを修正するだけで済むという利点もある。WindowsDLL拡張子は「.dll」。


関連項目

個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z