DINOR型フラッシュメモリー

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

でぃあいのあがたふらっしゅめもりー 【DINOR型フラッシュメモリー】

三菱電機が開発したフラッシュメモリー。従来のNORの高速性とNAND型の高集積性、単一電源動作という長所を併せ持つ。セルの書き換えに、薄い酸化膜に高電界を与えることで、電子が酸化膜を通り抜けるトンネル効果を採用し、単一電源動作を実現した。また、ビット線階層構造とすることで、メモリーセルを副ビット線に並列に接続することで、NOR型と同等の読み出し速度と、高集積化を可能としている。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z