Common Open Software Environment

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

こもんおーぷんそふとうぇあえんばいろめんと 【Common Open Software Environment】 Common Open Software Environment

1993年3月に、Hewlett-PackardIBM、SCO、Sun Microsystems、USL、Univelの有力UNIXベンダー6社が共同で発表した、UNIXにおけるオープンソフトウェア環境ユーザーに統一された操作環境を提供するとともに、各社のUNIXシステム間でのアプリケーション互換性(APIの統一によるソースレベル互換の実現)を高めることを目的としていた。

当初の発表では、

  1. 共通デスクトップ環境
  2. ネットワーキング
  3. グラフィックス
  4. マルチメディア
  5. オブジェクトテクノロジー
  6. システム管理

の各分野で、各社が共通の環境をユーザーに提供するとされていた。しかし、その後のUNIXを取り巻く状況の変化などによって当初の開発スケジュールが大きくずれ込み、実質的な成果は、ユーザーインターフェイスの統一を実現した「CDE(Common Desktop Environment)」だけとなった。そのCDEも、仕様管理をX/Open(The Open Group)に移管したことで、COSEもその役目を終えることになった。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z