COASTモジュール

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

こーすともじゅーる 【COASTモジュール】 Cache-On-A-Stick Module

キャッシュメモリーを小さな基板に搭載したメモリーモジュールの一種。COAST自体は規格名で、モジュール自体やマザーボードとの接続コネクターの物理的・電気的仕様などを規定している。Intelが、Pentiumマザーボードで容易に2次キャッシュを増設したり交換できたりするように開発した。

COASTにはいくつかバージョンがあり、マザーボードとキャッシュモジュールのバージョンが違うと、正常に動作しないこともあるので注意が必要だ。

1996年前半までは、Pentiumマザーボードの2次キャッシュを実装するのにCOASTモジュールがよく採用されてきた。しかし、それ以降は、COASTモジュールを装着するCELPソケットの接触不良によるトラブルや、PB SRAMのコスト低下による高速・大容量2次キャッシュの標準実装化で増設する必然性がなくなったため、COASTモジュールはあまり採用されなくなってきている。なおPentium Pro以降のマザーボードでは、2次キャッシュがCPU内蔵されているため、COAST用コネクターは必要ない。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z