CIDR

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

さいだー、しーあいでぃーあーる 【CIDR】 CIDR、Classless Inter-Domain Routing

Classless Inter-Domain Routing(クラスの概念をなくしたドメインルーティング)の略。クラスの概念を利用せずに、IPアドレスに含まれるネットワークアドレスを可変長に設定できる仕組み。以前、IPアドレスは「クラスA」「クラスB」「クラスC」という単位に基づいて割り当てが行なわれていたが、IPアドレスの枯渇に対応するために、クラスの概念をなくしてIPアドレスを割り当てるCIDRの技術が取り入れられた。CIDRでは「192.168.100.200/24」のように、IPアドレスの後ろにネットワークアドレス部のビット数(プレフィックス)を付けて表わす「CIDR表記」が利用される。CIDR表記は、主にルーティングテーブルで使われる。また、CIDRによってネットワークを複数に分けることを「サブネッティング」と呼ぶ。一方、連続したネットワークアドレスを1つにまとめる「スーパーネッティング」を行なうことで経路情報を集約することも可能だ。

関連項目


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z