CFM

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

しーえふえむ 【CFM】 CFM

Code Fragment Managerの略。PowerPC登場以降Mac OSに取り入れられた新しいランタイム構造を実現するルーチン群。データフォークに格納されたプログラムの実行単位(フラグメント)をメモリー読み込み実行にあたっての準備を行なう。内部的にはPowerPCコード68Kコードのそれぞれに対するコンポーネントが用意されているが、同一のAPIで呼び出せるようになっている。68K MacintoshCFMを使用するには、CFM-68K Runtime Enablerという機能拡張が必要。CFM-68K Runtime Enablerの最初のバージョンには重大な不具合があり、共有ライブラリーを利用するプログラム(OpenDocなど)を68K Macintoshで使用することがしばらくの間できなかった。この不具合は1997年春に発表されたCFM-68Kバージョン4.0で解決した。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z