CCD-RAWモード

出典: ASCII.jpデジタル用語辞典

しーしーでぃーろーもーど 【CCD-RAWモード】

CCDの受けた光の情報をただそのまま生(=RAW)の情報として記録するモード。現像ソフトを用いることで、ユーザー自身が自分の好みまたは使用条件に合わせて各種パラメーター(ホワイトバランスや色調など)を調整してTIFFなどへ保存し直す。


個人用ツール
表示

索引

記号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z